ホンダが力を入れている事業

ホンダの正式名称は、「本田技研工業株式会社」です。自動車会社というと「○○自動車」というのが多いですが、ホンダはどちらかと言えば機械工業メーカーなのです。自動車そのものにも勿論力を入れていますが、ホンダが大きく展開している事業は「エンジン」です。小型汎用エンジンに関してはシェアが世界一というのですからさすがはホンダ!です。また、その名前だけが先行しているかもしれませんが、ASIMOのような二足歩行ロボットも実はホンダが開発したロボットです。ホンダの創業者の理念が、「社長は技術畑出身であるべき」というのですから、機械に関しての技術慮力が非常に高いのも頷けます。また、自動車工場と聞くと過酷な労働環境のイメージですが、他の自動車工場よりもその環境は良いといわれているようです。ほかの自動車工場に比べて女性の進出も多いようですから、自動車業界で働きたい女性の方は、ホンダへの就職を目指してみるのも良いかもしれません。

一度は乗りたい外車はなに?

一度は乗りたい外車は色々ありますね〜フェラーリ―やカウンタック等々。でも個人的に乗りたいのは、アメ車のアストロ。乗った人から色々いわれるが、実は試乗したときに惚れてしまった。アメ車ならではの重さがあるのに、スムーズに進むエンジンを搭載!迫力ある運転席が今でも忘れられません。しかも、初の左ハンドルだったので緊張しまくり。実にほしい!と叫んでしまうほどでした。でも、気になるのは燃費。モノにもよるらしいが、リッター3キロがざらだとか。う〜ん、ちょっと3キロはね〜きついね。しかし以前東洋経済で掲載していた、ヨーロッパのディーゼルには興味がある。黒煙をまき散らすイメージを一転、クリーンなエンジンができ、スピードもガソリン車と同様にでるとか。ガソリンより安い軽油だし、馬力もでて、燃費も良いときてるらしいので、ちょっと悩むところですが、実際に日本では走っているのかな?